インプラント治療でお悩みの方へ

インプラント治療は、事故や病気(虫歯・歯周病など)で歯を失ったときに行う補綴治療(歯の機能を補う治療)のひとつです。昔は、補綴治療というと入れ歯が主流でしたが、現在は見た目や機能の良いインプラントを選ぶ方が増えています。

インプラント治療のメリット・デメリット

メリット

  • 人工歯根でしっかり固定されるため、ズレない
  • 咬む力が健康な歯の約8割まで回復する
  • 自然な見た目に仕上がる
  • ブリッジのように隣り合う歯を削る必要がない

デメリット

  • 治療期間が他の治療に比べると長い
  • 手術をともなうため、場合によっては行えない人もいる
  • 自費治療のため費用が高額
  • ブラッシング、定期検診などの丁寧なケアが必要

治療の流れ

歯を抜く(歯が抜けている場合はそのまま)

歯を失った部分から顎の骨に人工歯根を埋め込む

被せ物(人工歯)を装着するために土台を連結する

土台の上に被せ物を装着し、固定する

入れ歯(義歯)でお困りの方へ

入れ歯が歯ぐきに当たって痛い
入れ歯と歯ぐきの間に食べ物が挟まって痛い
すぐに外れてしまう

このようなお悩みをお持ちの方は、当クリニックまでご相談ください。横浜の関内歯科クリニックでは、バネを使わない入れ歯「ノンクラスプデンチャー」をおすすめしています。ノンクラスプデンチャーは、見た目も付け心地も自然で快適ですので、現在お使いの入れ歯に不満がある方、少しでも良い入れ歯を入れたい方はご検討ください。

ノンクラスプデンチャーとは?

ノンクラスプデンチャーとは、金属製のバネ(クラスプ)を使用しない入れ歯のことです。留め具に金属のバネを使わないため、入れ歯特有の締めつけはなく、見た目もキレイです。また、歯ぐきにあたる床部分は歯肉の感触に近い樹脂を採用しており、快適な付け心地を実現しました。

ノンクラスプデンチャーはこんな方にオススメ

  • 付け心地を重視したい方
  • 2~3本連なって歯を失っている方
  • 金属の留め具の見た目が気になる方

まずはご相談からお気軽にどうぞ!関内歯科クリニックへのご相談、ご予約はこちらから